喪中ハガキを出しそびれた場合

喪中ハガキを出しそびれた場合

喪中ハガキを出しそびれた場合には「寒中見舞いハガキ」を出すことをおすすめします。 喪中の挨拶状を送らなかった人から年賀状が届いたり、12月に入ってから身内に不幸があって、喪中欠礼の挨拶状送付が間に合わない場合があると思います。その際も、松の内が開けてから(1月8日過ぎ)、連絡が遅れたお詫びとして寒中見舞いを出すことが一般的です。

文例・テンプレート

喪中に関する知識